hiroko utsumi's diary blog about small tiny lovely things...

「思いやり」を育むということ(生後29日目)


ダイセンくんが産まれる前から、そして産まれてからも


とにかく、思いやりのある子に育ってくれれば・・・と、新米パパと、ママは、何度も話し合ってきました。


最近、読んだ本にこんなことが書いてあって・・・



「思いやり」は、「思いやられること」でしか生まれない。
生まれたばかりの乳児にとって最初に経験する「思いやり」は、
泣いたり笑ったりしたときに、親がとってくれた対応である。
「泣く」という行動は、不快や苦痛や恐れの表現であり、
同時にそれらを取り除いてほしいという要求でもある。
その気持ちに親が反応・共感し、
不快の原因を取り除いて心地よい状態にしてあげることによって、
子どもは共感的に理解してもらったと感じる。
すると子どもの感情は安定し、
不快なときにはいつでも親が対応してくれる、
という基本的信頼感を持つようになるのである。

このような温かい情緒的なやりとりが、
「思いやり」を育むための基礎と考えられている。
「思いやり」の心を育てるためには、
まず他の人から「思いやられた」という経験が基礎として必要なのである。
子供の「脳」は肌にある 山口創 より



なるほど確かに! と思いました。


やはり、普通の日々を、毎日を、やさしい気持ちで、心のゆとりを持って、愛情たっぷりで、愛に溢れた気持ちで、仲良く暮らすことが大切だよね(^0^)/


きっと、そんな日常に「思いやり」は普通のこととして存在するのだろうと思います。


新米パパは、ママが大きく太鼓判をおすくらい、優しい心、思いやりの心をもつ人。


そんな、パパの大きな愛情に包まれていると、ママも自然と優しい気持ちでふわっといられます。

ダイセンくんも、ママも幸せです。


ダイセンくん、間違いなく思いやりのある子に育つね~♪


数年前、akiちゃん率いる台湾ツアーに行った時、有名な占い横丁で、おじさんに占いをしてもらった。


占いは信じないタイプで、テレビの朝のニュースの占いも、占いが始まる前にテレビを消してしまうくらい。もちろん、占いにも行ったことがなかったのだが・・・なんとなく、台湾の占いは信じられそうな気がして&その場のノリで占ってもらうことにした。


その占いによると、私の人生は安泰で、あなたにとって理想的な人と結婚すると言われた。結婚は一回のみ。その人はすでに出会っている人とも。また、子どもに関しては一人目は男の子で、二人目は女の子。老後は子ども達がとても良くしてくれるとのこと。


“理想的”って一体どういうことだ?
“理想的な人”ってどういう人だ? 
と、当時、いろいろと思いを巡らせましたが、
実際に結婚してみて(、結婚する前から)『あぁ、こういうことなのかな~』と。きっと、一緒にいると、私が私らしく、自分の好きな自分でいられるということ。二人の未来、家族としての未来を楽しく、幸せに感じられること。物質的な豊かさではなくて、ただ、一緒にいられることが豊かだと思えること…いわゆる、生涯を共に過ごしたいと無条件に思えるということ…そんなことなのかなと思います。


二人目が女の子かどうかは分からないけれど、結婚に関して&結婚の時期などと、男の子が先に産まれるということはバッチリあっている。


思い返してみると、台湾占い、当たっているな~凄~いわ~。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...