hiroko utsumi's diary blog about small tiny lovely things...

難題だわ…(生後119日目)


ただいま、難題にぶち当たり中。

予防接種をどうするか。

色々調べ始めると、
どうやら、もろもろ副作用・副反応の問題などで、
様々な国で義務化をとりやめになっているものもあったり、
日本でも、義務摂取が、勧奨接種に変わったりして、
ようは、親の判断に一任するようになったということ。
…BCGはアメリカでは行われていないし、
 スウェーデン、旧東ドイツ、チェコスロバキア、
 フランス等では義務化が終了さたとのこと。
 

というのも、
なぜ、勧奨接種に変わったか。

近年になって、
生活環境が改善されたり、衛生水準が向上することになり、
あわせて、医療の技術が進歩したことにより、
重篤な感染症の発生が少なくなっているということが、
勧奨接種に変わった一因となっているとのこと。

また、副反応によって、
軽い微熱程度の副反応なら良いけれど、
人生を左右するような健康被害が出てしまうことも、
調べてみると、まぁまぁな件数あったりする様子なので、
国としても、責任を持って100%オススメします!
という状態ではないということがあるもよう。

一世代前は、とにもかくにも予防接種! ということで、
当たり前に予防接種をする時代だったから、
私も、予防接種をしているわけで、
新米パパも予防接種をしているわけで、
周りの人たちで予防接種を受けたからといって、
副反応で悩んでいる人を見たことがないし、
聴いたことがない。

しかし、Web上には副反応が出てしまって…、
ということで、
長期にわたって後遺症が残っているお子さんも、
実際いる様子で…。

まぁ、義務的な集団接種によって
健康を害してしまった方がいるということもあり、
勧奨接種に変わって、国の責任から、
親の責任ということになったんだとおもうけれど。

なかなか、判断に迷うところです。

義務摂取があったおかげで、
今、死亡してしまったり、重篤な障害を残すような感染症から
ちいさな命を守り、また、
私達の世代で、大きな流行を防ぐことが出来ていたというのも事実。

実際、BCGを中止したスウェーデン、旧東ドイツ、
チェコスロバキア等では、
中止後に小児結核が増加したとのこと。

今、結核が少しずつ再びはやり始めている日本では、
やはりBCGは打っておいたほうが
良いのではないかと思ったりもするし、
そのほかの感染症についても、現在どうであるか、
過去はどうで、今どうであるか
といったことは、調べられるだけ調べてみようと思う。

いざ、予防接種をしなかったときに、
予防接種で防げる病気が流行したときには、
逆に、こちらの方が重篤な障害が残ったり、
最悪、亡くなってしまうこともある。

ワクチンの存在が、
人類の命をどれだけ救ったかというのは、
明白な事実であって、
「完璧に副作用がゼロでない」から
予防接種はしないべきなのでしょうか?
と、問われている方もいる。

確かにそうだな~と思う。

ニュースとかで、こういう内容が取り上げられていても、
今までは、「そういうことがあるよね~」くらいにしか
思っていなかったけれど、
今は、完全に当事者なので、「どうしよう・・・」と、
判断に迷うところです。

あぁーーー
分からないーーーー。
分からないーーーー。

とにかく、大急ぎで、
予防接種を受けるメリット/デメリットを知るために、
さまざまな観点から見た本を読んだり、
周りのお友達で小児科のお医者さんをしている人に
ご意見を聞いてみようと思う。

今回話題になっている新型インフルエンザに関しては、
やはり、副作用が出たときに、重い症状があるようす。
今回のインフルエンザに関しては、
もし、かかったとしても、
私の体力からいくと、かかってしまったほうが
副作用に比べれば断然症状的に重くなさそうなので、
新型インフルエンザのワクチンを打つことはやめておこうと思う。

赤ちゃんの場合も同様に、
予防接種を受けた場合と、
受けずに感染症にかかった場合。
どちらが、重篤な障害が残ったり、
死亡率が高いかの確率論で考えるのと、
今知られている副反応の程度の問題だったりするかな。

いざ、受けると決めたら、
摂取スケジュールがあるので、
上手に計画性をもってスケジューリングして、
受けていかないといけないし。

ホント、母になると、
今までに考えもしないような悩みが色々出てきます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...