hiroko utsumi's diary blog about small tiny lovely things...

新年! 手作りソーセージ&ザワークラウトの会

昨年、emipanと「ザワークラウト」をつくろうという話をしていて、
折角、たくさん仕込むなら
ソーセージも一緒につくってワイワイみんなで食べたいと考えていました。

ということで、なぜだかマロン君のスケジュールに合わせて
1月4日に開催を決定。

年末に顔を合わせたり、連絡をとっていた数名に声をかけ、
我が家に大集合しソーセージとザワークラウトを肴に新年会を行いました。

前々から作ってみたいと思っていたソーセージ。

しかし、思った以上に手作りするのは大変で、
2Kgの豚肉をミンチにし羊腸に詰めるのに約3時間。
パリッとした食感を出すために干すこと2時間。
そこから70度キープで加熱するのに40分・・・。

ソーセージをお出しできたのは夕日も暮れてきた頃でした。


でも、今回
・ボイルド・ソーセージ
・ボイルド&ベークド・ソーセージ
・ボイル後にダッチオーヴンにて燻製したスモーク・ソーセージ2種(桜チップ、ヒッコリーチップ)
と合計4種類のソーセージを愉しむことができました。

手作りソーセージ、本当に美味しくて。
これはハマリそう。

次回やるときは、もう少し手際よく作りたいなと、
レシピノートに手順を残しておこうと思います。


ソーセージのお供にと用意したのは、世界15カ国のビールたち!
みんなでちょっとずつシェアして飲み比べました。


キャベツ、塩、キャラウエイシード、赤唐辛子、ローリエといった、
シンプルな素材で2〜3週間発酵させたザウァークラウト。
約3Kg仕込んだのがほぼ全てなくなりました。

しっかり乳酸発酵して。
優しい酸味がソーセージにぴったりでした。


本当は、ソーセージも入れて愉しむ予定だったポトフ。
結局、ソーセージができあがった頃には5L分作っておいたポトフもほぼ完売。

朝からコトコト煮込んでおいたので、
お野菜がとろけるように柔らかくなっていて。
みんなも、美味しい美味しいとお代わりをいっぱいしてくれたので、
これはこれで良かったかな。


photo by emipan_kitchen via instagram

ソーセージができあがるまで待ちきれないみんなのお腹。
そんなハラヘリメンバーの救世主はemipanお手製のパン達!
どれも本当に美味しくて、味わい深くて。
最高に美味しい食卓でした。


やっぱり、おいしいものを作って、
好きな人達とわいわい食べて飲んでユルユルと語り合う時間は、
一番幸せな時間だなと感じます。

次はスペインの会を開いて欲しいと言われているので、
また企画しようかな。
…今回、ドイツの会にしようと思って開いたわけではないのだけれど、
結果的に、ドイツの会っぽくなったのでシリーズ化決定かな!?


No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...