hiroko utsumi's diary blog about small tiny lovely things...

霜がおりました


田舎の祖父母宅でのんびりすごす朝
裏の畑に出てみると
日陰一面に霜がおりていました

小さなころは
都会に住んでいても
土が身近にあったから
寒い日は、霜柱が立って
ザクザクと霜柱を潰しながら
学校への道を歩くのが
楽しみだった記憶があります

気がついてみると
もう、何年も霜柱や
草におりた霜のある場所を歩いていないようで
霜のふった、今朝の景色が
なんだか、新鮮にうつりました

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...